スタッフ紹介

スタッフ紹介

字幕制作部 チーフマネージャー 本間清昭

本間清昭 2005年入社  現在 字幕制作部 チーフマネージャー 前職は、字幕制作や高速入力とは全く縁のない、歯科技工士をやっていました。 歯科技工士から字幕制作への転身。 人にはよく珍しい経歴だと言われますが、このように、字幕制作や高速入力とは縁のない生活を送っていたとしても、この会社での研修カリキュラムに沿って研修を進めれば、高速入力オペレーターとしての道が拓かれます。 この仕事はテレビの番組制作に携わるという一方で、聴覚障がいの方にも同じようにテレビを楽しんでもらうため、字幕を届けるという福祉の一面を持ち合わせた仕事だと思っています。 自分たちが作った字幕を、必要としている人が見てくれている。 このことが、仕事をしているうえでの、今の私の喜びです。

字幕制作部 サブマネージャー 研修担当 村本祐子

村本祐子  2009年入社 現在 字幕制作部 サブマネージャー 研修担当

●研修担当として●

ZIMAXでは経験者・未経験者にかかわらず、全員に研修を実施しています。 研修内容は個人のレベルに合わせ、段階を踏んで行っています。研修期間は、スキルによって異なりますが 最大半年間を想定し、一定のレベルに達した時点で、業務に入ってもらいます。 ZIMAXの社員全員が、この仕事の経験者だったわけでありません。むしろ、ほとんどが未経験者です。また、最初から入力スキルがとても高いわけでなくホームポジションが身についていない人もいました。 研修では、そういう部分からもきちんと指導しますので、ご安心ください。

字幕制作部 スタッフ 土屋亜沙子

土屋亜沙子 2014年3月 入社 字幕制作部 スタッフ

学生時代は法律を学んでいましたが、テレビ放送に携わる職業に興味が湧き、この仕事に就きました。
生放送の音声を字幕に起こすなんて全く未経験の仕事で、最初は不安もありました。ですが、研修は少しずつ次のステップへ進み、つまずいた箇所は繰り返し丁寧に教えて頂けたので、無理なくスキルを身につける事が出来ました。

生放送デビューの際はとても緊張しましたが、先輩方に優しくフォローして頂き、自信を持って臨むことができました。

ニュースやスポーツ中継など、仕事はいつも生放送ならではの緊張感があります。その分、チームの一員としてよりよい字幕の提供に貢献できたときは、大きな充実感や達成感を感じています。